全学年新校舎での生活が始まりました。

「ようこそ!根岸小学校へ」

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
5月22日(水)

「根岸小学校のみなさん、夏休みにぜひ式根島に遊びに来てください」

根岸小学校のある台東区から南に約160kmの位置にある式根島
綺麗な海と、豊かな森、どこまでも広がる青い空
この日、昨年度に引き続き、新島村立式根島小学校の高学年5名と先生方4名が来校してくださり、本校6年生との交流会を行いました。
式根島小学校高学年の皆さんはこの日のために式根島に関するクイズを考えてくれ、それをプレゼンテーション形式で紹介してくれました。
第1問は、式根島の人口についての問題でした。残念ながら人口が減少傾向にあるということですが、出題してくれた人は、その原因を考察し、将来の式根島についての意見をしっかりともっていたことに感心しました。
第2問は、式根島にある神社やお寺を紹介してくれ、その中にある樹齢900年にもなる大樹についての問題でした。式根島の神社には神主さんが御不在のために、11/8にはお宮参りと七五三のために、隣にある新島から神主さんが島に来てくださるそうです。
第3問は、猫に関する問題でした。出題してくれた人は猫が大好きだそうです。鎌倉時代から伝わる化け猫の伝説についても詳しく教えてくれました。また、式根島にはたくさんの民宿があり、その民宿で生活している猫について(性格を交えながら)写真付きで教えてくれました。
第4問は、式根島の伝統や食文化、方言についての問題でした。「海難法師」という海の精霊についてのお話はとてもおもしろかったです。伝統的な多弁のとして、くさやを紹介してくれました。また、「行こうよ」の方言をクイズで出してくれました。
第5問は、式根島の大自然に関する問題でした。こもれびの森という豊かな森を抜けると見えてくる唐人津城(とうじんづしろ)という岩場の紹介や、「まいまいず井戸」に関するクイズは大変盛り上がりました。そして、この問題を出題してくれた人が冒頭の言葉を根岸小学校の子供たちに投げかけてくれました。
地元式根島を愛する子供たちの気持ちが伝わる素晴らしいプレゼンテーションでした。きっとこの日のために、たくさん調べ、たくさん学び、たくさん準備してきてくれたことでしょう。式根島小学校高学年の皆さん、本当にありがとうございました。島のことを知ることができましたし、みなさんの「おもてなしの心」が嬉しかったです。

楽しいクイズと豊かな自然の紹介のお返しは、6年生が計画していました。
最初に根岸小学校の歴史と学校の近隣の紹介をスライドショーで行い、次に体育館に移動して運動会で踊る「根岸ソーラン2024〜新たな伝統へ〜」を披露しました。
そして最後は一緒に楽しい会食です。
この日だけは特別、机をグループにしてその中に式根島小学校のお子さんや先生方が入り、楽しい会食を行いました。式根島小学校・根岸小学校、どちらも美味しい給食の前ではみんな笑顔でした。

5人と87人の小学生
生まれ育った場所も、生活している環境も全く異なります。
それでも…
自分を大切に、友達やまわりの人を大切にして、明るい未来を信じて生きていくことに変わりはありません。
今日、92名の子供たちの中に、きっと素敵な思い出ができたことと思います。

新島村立式根島小学校のみなさん、ありがとうございました。
また、会える日まで さようなら。

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30